【裏話全て公開】PwCの社員にOB訪問体験記

就職

今回はPwCの社員さんにOB訪問して分かった働き方や会社の雰囲気について日記帳で書いていきます。

この記事を読んで得られる内容はだいたい以下の通りです。

この記事を読んで分かること
  • 新卒3年目までのPwCでの業務内容は?
  • PwCで海外で働ける機会はどの程度か?
  • PwC1社員の一日のスケジュールは?
  • PwCでの残業はどのくらい?

今回OB訪問させていただいた方は元社員(2019年退社)なので、建前なしで全て本音で話していただきました。

質問内容は以下の通りです。

  • PwCのどの部門で働いていたか?
  • 新卒3年目まではどのような業務を任されるのか?
  • PwCは残業が少ないイメージがあるけど、実際のところはどうなのか?
  • 社員同士の交流は多いか?仲間は作りやすいか?
  • 海外で働ける機会は多いか?

対話形式で書いていきたいと思います。

れん
れん

PwCにはStrategy& 戦略コンサルタント職、ビジネスコンサルタント職、ITソリューションコンサルタント職、テクノロジーコンサルタント職などの部門がありますが、どの部門で働いていましたか?

ITソリューションコンサルタント職で働いていました。

ということで、今回はITソリューションコンサルタント職として採用された方の話を聞かせていただきました。

ITソリューションコンサルタント職とビジネスコンサルタント職との垣根は少しずつなくなってきているようです。その理由としては、ITソリューションコンサルタント職とビジネスコンサルタント職が一緒にチームとなって働いていた方が効率よく働けるからだそうです。ただ、ITソリューションコンサルタント職の方がその名の通り、ITを主軸としています。

れん
れん

新卒3年目まではどのような業務をされていましたか?

業務内容として多かったのが、議事録作り、会議の司会進行、クライアントさんの意思決定のためのデータ集め、資料のサマリーを作る、エンジニア側と営業側のコミュニケーションの仲介です。

エンジニア側が使う専門用語は営業側では理解されないので、それを経営側が分かるように説明することを求められました。

相手に伝わるように分かりやすく話すというビジネスにおける普遍的なスキルが身につきました。

れん
れん

実際にプログラミングをするという業務はないのですか?

そこは、人によりますね。ITの中でも企画(どう進めるか?)と実行(プログラミングを書く)に分かれています。プログラミングができる人はどちらにも携われますし、できなくても企画の方で活躍できます。私の場合は、ITの知識が0からのスタートだったので、プログラミングをするのは諦めて、プロジェクトの進行状況の管理やエンジニアと経営層の橋渡し役なことをしていました。

れん
れん

PwCの残業ってどのくらいありますか?

前提として、プロジェクトに入ってみなきゃ分からないです。私自身の経験で言うと、1年目に配属されたプロジェクトで残業が多く辛い時期がありました。会社を出るのが午前2時とか3時になるのが続きました。ですが、それ以降は残業は1、2時間程度だったので比較的快適に働いていました。

1年目に辛い思いすると逆に後が楽になるので基準を上げるという意味ではいい経験だったかもしれません。残業が多いか少ないかはプロジェクトの性質、プロジェクトのメンバー、自分の能力の3つの掛け算で決まります。

この中で変えられるのって基本的に自分の能力だけなんですよね。けど、自分の能力が高まれば、配属されるプロジェクトの幅も広くなります。プロジェクトリーダーと上手くコミュニケーションを取れれば、希望のプロジェクトで働ける可能性も高まります。

れん
れん

残業しない人の方が優秀という空気感はありますか?

基本的にはそうですね。コンサルタントはアウトプットが全てなので、勤務時間は関係ないという空気感ですね。成果主義であることは間違いないですね。

れん
れん

海外で働く機会はどのくらいありますか?

PwCのグローバル案件は3割程度です。私自身もグローバル案件に携わって出張やWeb会議などを体験しました。海外で働けるかどうかは「意欲」と「能力」で決まります。意欲というは海外で働きたいか?能力というのは海外案件に関われるほどの英語能力、コンサル能力があるか?という感じです。

れん
れん

3年間コンサルで働いた経験はいかがでしたか?

コンサルでの1年は事業会社での3年に匹敵すると言われている通り、コンサルではスピード感が求められます。その代わり、スキルも倍速で身につく環境にあると思います。身につくスキルは他の会社に行っても使える汎用的なスキルが多いです。私自身、就活時にはどの業界がいいかとか決まっていなかったので、色々な業界を知れるコンサル業界を志望しました。

結果、今はMBAに興味が出てきて、退職してMBAが学べる会社に転職しました。

まとめ

OB訪問をして分かったことは、基本的な情報はそこらへんで得られるサイトと同じだということです。ただ、実際に働いた人から聞く情報とサイトに載っている情報とでは納得感が違いますね。OB訪問してみて初めて腹に落ちる部分も多かったです。また、今回はPwCについてだけでなく、就活をどう攻略するか?についてもアドバイスをいただきました。それについては「就活攻略~本音と建前編~」にまとめたので、是非合わせてお楽しみください。

人生を豊かにする英語を身につけよう!

私は大学生の時にオーストラリアの大学に交換留学をしました。

そこで、英語は人生を豊かにするために学ぶものなんだと気づきました。

このブログでは、Renglish教室の活動の一環として、人生を豊かにする英語をモットーに記事を書いています。※「Renglish教室とは?

人生を豊かにする英語とは受験や就職のためだけではなく、実際に留学したり、海外で働いたり、外国人の友人を作ったり、海外映画・ドラマを字幕なしで鑑賞したりetcを目標にした英語です。

これから英語を勉強したいと考えている人には是非、学問としての英語ではなく、人生を豊かにするための英語を学んでほしいと思ってます。

そういった理念から、私がどのように英語学習に取り組み、交換留学を達成したのか?について成功体験&ノウハウを「【脳科学×英語】最も手っ取り早く英語を習得する方法」という題名でPDF(全57ページ)にまとめてみました。

また、一通りノウハウを理解してもらったうえで、一人ひとりに最適な英語学習を提供できるようにLINE@で無料相談ができるようにしています。

その他に、LINE@では限定ブログが閲覧できるようになってます。

< 限定ブログにて学べる内容 >

✅少ない時間で大きな成果を出すには?

✅英語学習を成功させるために必要なマインドとは?

✅1ヵ月半でTOEFL 79⇒95点を達成した具体的な方法とは?

✅半年以内に交換留学の切符を勝ち取るには?

✅挫折しないための英語学習方法は?

✅継続するための脳科学的勉強方法
etc・・・

また、Renglish教室LINE@では人生を豊かにするための英語が身につく企画を色々行っております。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

また、引き続きブログやSNS(Twitter、Instagram、YouTube)でも発信していくので応援よろしくお願いします!

 

就職
れんをフォローする
Renglish教室

コメント