大学生の留学は交換留学一択な理由

交換留学

大学生の留学は交換留学が最強

大学生になったら
留学してみたいというあなたにおすすめな
留学の方法は「交換留学」です。

その理由を3つ挙げていきます。

動画解説

動画でも解説しているので良かったら参考にしてください。

知らないと損する交換留学のすごいところ

コスパが良い

交換留学はコスパの良い留学方法です。
その理由は、海外の学費が免除されるからです。

日本の大学の学費を払ってしまえば、
海外の大学の学費が免除されるからコスパが良いのです。

日本の大学の学費を払うなら同じじゃないの?

って思うかもしれませんが、
それは違います。

なぜなら、日本の大学の学費と
海外の大学の学費を比べると大抵
海外の大学の方が高いからです。

日本の国立大学なら年50~60万
日本の私立大学なら年100~150万

ですが、海外大学はもっと学費が高いです。

例えば私が実際に留学した
オーストラリアのニューサウスウェールズ大学
というところでは年間で300万です。

つまり、国立なら5、6倍、私立でも2,3倍の違いがあります。

別にオーストラリアが特別高いわけではなく、
英語圏の主要な大学では学費が300万程度なことは
ざらにあります。

長期留学ができる

交換留学は海外大学の生徒として
半年以上学ぶことになるので
長期留学ということになります。

短期留学と長期留学を比べたとき
長期留学の方が圧倒的に成長します。

短期留学というと語学留学といって
英語を学ぶための留学となります。

一方で交換留学は現地の学生と
混ざって対等に学びます。

ここでの大きな違いは
語学留学では「英語を学ぶ」のに対して
交換留学では「英語で学ぶ」な点です。

例えば、私は交換留学で
マーケティングとプログラミングの授業を履修しました。

その間は全て英語で日本語に触れることはありません。

このような環境に置かれて逆に成長しないわけがありません。

一方で、語学留学は英語を学びに行くので
日本人同士で固まってしまうという話をよく耳にします。

やはり、環境が成長を大きく左右するので
その面で現地の生徒と半年以上生活するというのはかなりいい経験になります。

留年しなくていい

交換留学の大きなメリットの最後に
留年をしなくていいというものがあります。

海外の大学では現地にいる生徒と同じように授業を履修するので、現地で取得した単位を日本の大学の単位として認定してもらえるからです。

ですが、これは留学前にしっかり交渉する必要があるので、そこは注意してください。

私の場合は、留学前に学部主任を務めている方とマンツーマンで相談をしました。単位認定は結構あいまいでその人の裁量によって決まる面が大きいです。留年しないためにも、事前に積極的な確認が必要になります。

事前交渉さえできれば、怖いものはありません。

交換留学が唯一の長期留学なのに留年しなくていいという留学制度になります。

まとめ

ここまで読んでいただきありがとうございます。

交換留学は難しそうと思ったかもしれませんが、
今まで見てきた生徒に交換留学に行って後悔した
と言っている人は1人も見たことがありません。

全員が楽しい思い出と成長した経験を持って
誇らしげに帰ってきています。

交換留学して他の生徒についていけるか心配という考えもあるかもしれません。

ですが、その考えは不要です。

なぜなら、人間は環境に染まるからです。

レベルの高い環境に身を置けば、どんな人でもそれにつられてレベルの高い人になれます。

そういった意味では、今いる環境から一歩抜け出してチャレンジすることができる人こそレベルの高い人なのかもしれません。

留学に行く前までには色々な不安があると思うのでそこは私がサポートします。

人生を豊かにする英語を身につけよう!

私は大学生の時にオーストラリアの大学に交換留学をしました。

そこで、英語は人生を豊かにするために学ぶものなんだと気づきました。

このブログでは、Renglish教室の活動の一環として、人生を豊かにする英語をモットーに記事を書いています。※「Renglish教室とは?

人生を豊かにする英語とは受験や就職のためだけではなく、実際に留学したり、海外で働いたり、外国人の友人を作ったり、海外映画・ドラマを字幕なしで鑑賞したりetcを目標にした英語です。

これから英語を勉強したいと考えている人には是非、学問としての英語ではなく、人生を豊かにするための英語を学んでほしいと思ってます。

そういった理念から、私がどのように英語学習に取り組み、交換留学を達成したのか?について成功体験&ノウハウを「【脳科学×英語】最も手っ取り早く英語を習得する方法」という題名でPDF(全57ページ)にまとめてみました。

また、一通りノウハウを理解してもらったうえで、一人ひとりに最適な英語学習を提供できるようにLINE@で無料相談ができるようにしています。

その他に、LINE@では限定ブログが閲覧できるようになってます。

< 限定ブログにて学べる内容 >

✅少ない時間で大きな成果を出すには?

✅英語学習を成功させるために必要なマインドとは?

✅1ヵ月半でTOEFL 79⇒95点を達成した具体的な方法とは?

✅半年以内に交換留学の切符を勝ち取るには?

✅挫折しないための英語学習方法は?

✅継続するための脳科学的勉強方法
etc・・・

また、Renglish教室LINE@では人生を豊かにするための英語が身につく企画を色々行っております。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

また、引き続きブログやSNS(Twitter、Instagram、YouTube)でも発信していくので応援よろしくお願いします!

 

交換留学
れんをフォローする
Renglish教室

コメント

  1. […] 私費留学や他の留学プログラムを考えるという作戦もありますが、私は大学生の内は交換留学をおススメします。その理由については「大学生の留学は交換留学一択な理由」にまとめています。 […]