慶應大学の交換留学に必要なGPAはどのくらい?

交換留学

今回の記事はYouTube動画でも解説しています。

YouTubeで概要をつかんでからブログを読むと
より理解がしやすいかと思います。

慶應大学の交換留学に必要なGPAはどのくらい?

それでは改めて詳細解説です。

慶應大学の交換留学の出願条件

交換留学をするには、
「出願」をする必要があります。

出願というのは応募みたいなものですね。

でもそもそも出願するには
最低限の条件を満たしている必要があります。

大学生
大学生

誰でも出願できるというわけではないのかー

基本的にその最低限の条件というのは3つ覚えておけばOKです。

出願時に慶應の1、2、3年に在籍している

大学1,2,3年であることが1つ目です。4年になってから交換留学がしたい!という人はほぼいないんでまぁあまり覚える必要もないかもしれません。

TOEFL iBT総合70点以上もしくはIELTS総合5.5以上であること

これはあくまで慶應が定めている出願するための最低ラインであることに注意して下さい。派遣先の大学にも基準があります。そちらの基準の方が高いのでそちらを参考に決めていくのが良いです。

学業成績が優秀であること

今回はこの学業成績が優秀であること
について詳しく解説していきます。

学業成績が優秀(GPA)の基準は?

基準は2つあります!

1つ目は慶應が定めている基準
2つ目は派遣先の海外大学が定めている基準です。
それぞれ解説していきます。

慶應の基準

慶應が定めている基準は、

 学業成績表における大学学部1年次からの成績の累積(GPA)が2.00以上であることかつ、学内選考出願時点で、原則、各協定校の定める成績要件の最低基準を満たしていること。

慶應公式HP: http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/exchange/qualifications.html

基本的に出願をするだけなら、
累積のGPAが2.00以上あればOK
ということになります。

しかし、続く文には
学内選考出願時点で、原則、各協定校の定める成績要件の最低基準を満たしていること。
という基準が示されています。

各協定校とは慶應と協定を組んでいる
海外大学のことを指しています。

つまり、慶應だけでなく、海外の大学も成績の最低基準を設定しているということです。

※補足

学内選考出願時点で海外大学の基準を満たしていることは「原則」であると書かれています。つまり、出願の時点では必ずしも海外大学の基準を満たしている必要はないということです。目標としている大学の基準を満たしていなくても、志望大学の中に含めることは可能ということです。

慶應の公式HPではこのように述べられています。

自身の成績が各協定校の定める成績要件の最低基準より低い場合は、当該協定校を志望校として挙げることは可能であるが、学内選考出願時点で要件を満たしている協定校を志望することが望ましい。

慶應公式HP: http://www.ic.keio.ac.jp/keio_student/exchange/qualifications.html

海外の大学の基準

海外の大学の基準は大学によってそれぞれです。

だから、行きたい大学の基準は
自分で確認する必要があります。

基準がそもそもないところもあれば、
2.5以上とか3.0以上など定めている
ところもあります。

ですが、いきなりそんなこと言われても
自分がどこの国とか大学行きたいか分からないよー

という方のためにだいたいどのくらいあれば
安心できるのかの目安を確認しました。

累積GPA 3.0以上あればひとまず安心

全ての協定校のGPA基準を確認したところ
3.00以上あればとりあえず安心できるという
感じでした。

ざっと見た感じGPA3.00以上あれば
慶應の全協定校の内90%以上の基準を
満たしていることになります。
(※ 2021年度の留学情報)

GPA3.0以下の人への対処法

GPA 2.61の人
GPA 2.61の人

どうしよう、、、
GPAが足りない、、、
僕にはGPA 3.0なんてないよー

ここまできてGPAが3.0に足りていないというひと

まず、GPAが3.0以下でも留学を許可している海外の大学はたくさんあります。だから、GPA3.0以下でもそういう大学を狙って出願すれば良いことになります。

だから、そこまで落ち込む必要もないです。

また、補足の部分で解説したように出願の時点では海外の大学の基準を満たしていなくてもセーフです。これがどういうことかというとまだ挽回ができるということです。

今期の累積GPAが良くなくても、
今後の頑張りしだいであげることができます。

GPA2.0以下の人への対処法

GPA 1.79の人
GPA 1.79の人

GPA圧倒的に足りない
おわた、、

留学の夢さようなら、、、

まだ諦めないでください!

現時点では、出願はできませんが、
次の学期で本気出していい成績をとれば
出願の最低ラインに届きます。

協定校別の成績の基準の確認方法

以下のリンクからそれぞれの協定校が定めている成績の最低基準を確認できます。

協定校別募集要項/Application Guidelines for Each Partner Institution|慶應義塾大学国際センター
慶應義塾大学派遣交換留学は、第1期、第2期、第3期募集の3回に分けて募集をしており、協定校によって募集時期や出発時期が異なります。選考スケジュールや出発時期など、詳細は「2021年度交換留学スケジュール」や「2021年度出願・選考スケジ...

留学関係の情報は「留学のてびき」というパンフレットにまとまっています。事務室に置いてあるので興味ある人は確認してみてください。

また、留学のてびきはインターネット上で
ダウンロードできるようになっています。

パンフレットダウンロード|慶應義塾大学国際センター
留学のススメ(2020年度版)  [2020年1月発行]                  留学のてびき 慶應義塾大学派遣交換留学生募集要項20...

「留学のてびき」は慶應で留学する人にとって
必須の本になってます。

大学生のうちに留学を考えている人は
是非、手に入れてください。

まとめ

交換留学をするにあたってGPAが高いに越したことは無いです。

交換留学のメンバーはGPAや英語力、交換留学の志望理由、面接での評価など総合的に判断されます。ですが、とりあえずGPAが3.00以上あればとりあえずGPAの問題はほぼありません。(※一部の大学ではGPAを3.00以上を求めてくる大学もあります。)

「大学ってGPA高くても意味がない」
「ただの称号だろ」
と考える人もいますが、こういうところで大いに役に立ちます。

留学の奨学金がもらえるのも
成績が加味されることがあるので
使いようによっては大きな得を得られます。

大学1年で高い成績をとったら「超」得した3つのこと
私が大学に入ってそこそこいい成績をとって「超」得したことは主に3つです。 希望の学科に進学できた! 交換留学に応募して合格した! 返済不要のもらえる奨学金をゲットした!希望の学科に進学で来た!私は理工学部なので...

人生を豊かにする英語を身につけよう!

私は大学生の時にオーストラリアの大学に交換留学をしました。

そこで、英語は人生を豊かにするために学ぶものなんだと気づきました。

このブログでは、Renglish教室の活動の一環として、人生を豊かにする英語をモットーに記事を書いています。※「Renglish教室とは?

人生を豊かにする英語とは受験や就職のためだけではなく、実際に留学したり、海外で働いたり、外国人の友人を作ったり、海外映画・ドラマを字幕なしで鑑賞したりetcを目標にした英語です。

これから英語を勉強したいと考えている人には是非、学問としての英語ではなく、人生を豊かにするための英語を学んでほしいと思ってます。

そういった理念から、私がどのように英語学習に取り組み、交換留学を達成したのか?について成功体験&ノウハウを「【脳科学×英語】最も手っ取り早く英語を習得する方法」という題名でPDF(全57ページ)にまとめてみました。

また、一通りノウハウを理解してもらったうえで、一人ひとりに最適な英語学習を提供できるようにLINE@で無料相談ができるようにしています。

その他に、LINE@では限定ブログが閲覧できるようになってます。

< 限定ブログにて学べる内容 >

✅少ない時間で大きな成果を出すには?

✅英語学習を成功させるために必要なマインドとは?

✅1ヵ月半でTOEFL 79⇒95点を達成した具体的な方法とは?

✅半年以内に交換留学の切符を勝ち取るには?

✅挫折しないための英語学習方法は?

✅継続するための脳科学的勉強方法
etc・・・

また、Renglish教室LINE@では人生を豊かにするための英語が身につく企画を色々行っております。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

また、引き続きブログやSNS(Twitter、Instagram、YouTube)でも発信していくので応援よろしくお願いします!

 

交換留学
れんをフォローする
Renglish教室

コメント