TOEICを勉強しても意味がない【知らないと怖い真実】

交換留学

「そろそろ英語勉強するかー
とりあえずTOEICの勉強からやろ」

これ危険です。

今日の内容は、
みんなに知っておいてもらいたい
意外と盲点な事実をお話ししたいと思います。

TOEICで満点取ったらあなたの目的は達成されますか?

みなさんTOEICって知ってますか?

英語の能力を測るための日本で有名な試験ですね。

大学入ってからこのTOEICの得点を上げようと
努力する人がたくさんいます。

私の周りの友達にもたくさんいます。

その人たちに「なんのためにTOEICの勉強してるの?」って聞いたら

友人A
友人A

給料の高い会社に就職したい!

友人B
友人B

英語が話せるようになりたい!

友人C
友人C

世界を股にかけて働きたい!

とか様々な答えが返ってきました。

皆さんがTOEICを本格的に勉強し始める前に
教えておきたいのが

「もしTOEICで900点とっても英語話せるようになりません」

っていうことです。

理由は簡単で、
TOEICは読む(Reading)と聞く(Listening)のテストだからです。

だからTOEICを必死に勉強したところで
身につくのは読む力と聞く力だけで
書く力、話す力は身につきません。

例え身についたとしても
微々たる上達でとどまるでしょう。

で先ほど述べた

「給料の高い会社に就職したい!」
「世界を股にかけて働きたい!」
「英語が話せるようになりたい!」

はTOEICを受ける人の大体の目的なのですが、
TOEICを勉強してもこれらは達成できません。

TOEICで高い点を取れば給料の良い会社に就職できる?

TOEICの点数高ければ給料の高い会社
に入れるって聞いたっていう人もいると思います。

確かに、これまではずっと「英語力」といえば
TOEICの点数でした。

ですがその傾向は、だんだんなくなりつつあります。

今求められているのは

「実際に現場で通用する英語力」

です。

具体的な事例を紹介すると、
今従業員に求められているスキルは

「外国人部下をマネジメントするのに必要な英語力」
「プレゼンテーションをしっかりとこなす英語力」
「海外の拠点と協業を円滑に進められる英語力」

などです。

これらの3つのスキルはTOEICを勉強しても身につきません。

TOEICは今求められている英語力とは違う英語力をテストする試験なのです。

就職は「英語面接」の時代になってきている

じゃあ今現在、英語力をみるためにどういう採用方法を
しているかっていうと

「英語面接」

です。

現に、外資系企業の多くでは面接時に英語での面接を
実施していて、TOEICの点数などは聞かれさえも
しないらしいです。

参考ブログ:https://globe.asahi.com/article/11531666

また、実体験として、私の姉が外資系企業を面接したときも
英語面接だったそうです。

TOEICで900点越えを達成しても英語が話せない
人はたくさんいます。

仮に、TOEICのおかげで給料の良い会社に就職できたとしても、英語が話せないことがばれれば、英語を使う仕事を任せられることは無いでしょう。

英語を使う役職の給料が高いのであれば、
当然英語ができなければ高い給料がもらえるはずがありません。


受け入れたくない事実かもしれませんが、
TOEICで高得点をとれば
「世界を股にかけて働ける!!」
「英語がペラペラ!!」
幻想です。

だからTOEICで高得点をとっても
残念ながらあまり意味がないです。

そもそも私たちは英語は
コミュニケーションのためのツールです。

一番優先度が高いのは会話です。

会話に必要なのは
「聞く力」と「話す力」
です。

ちょっと厳しい言い方かもしれませんが
「それでもあなたはTOEICを受けますか?」
ってことをもう一度考えていただきたいのです。

TOEICを勉強すること自体は
「英語を身につけよう」
っていう意思のある素敵なこと
なのですが、私は努力するベクトルが
違うと思ってます。

今必要なのは「使える英語」です。

「使える英語」を身につけるためには?

使える英語を身につけるために
私が一番オススメなのが「交換留学を目指す」ことです。

交換留学は実際に私が行った留学です。
交換留学をすることで私は「使える英語」を身につけることができました。

交換留学についてもう少し詳しく知りたい!!
という方は以下のサイトを参考にしてください!!

交換留学を目指し、実際に達成することで
「一生涯にわたって使える英語」を身につけることができます!

しかし、交換留学を目指すのは大学3年生になる前であることが望ましいです。

大学3年生になってから交換留学を目指し始めるのは人には少々厳しいかもしれません…

交換留学はもう間に合わない…という方ができること

交換留学にはもう間に合わないという方のためにできることは
タイトルには「TOEICを勉強しても意味がない」と書きましたが、
勉強の方法次第で意味のあるものにできます。

それは、TOEICで学んだ英語を話す機会を作ることです。

「英語圏の友達なんていないし無理だよー」
という方も安心してください。

英語圏の友達がいなくても、
日本にいながら「使える英語」を身につける方法を
以下のサイトで紹介します!!

まとめ

この記事は決して
「TOEIC勉強してるやつざまぁ」
とかいう気持ちで書いたわけじゃないです。

そもそもそんなことするために記事書くのは意味不明ですし(笑)

必死に勉強して、TOEICで高得点をとった後に
「何のためにTOEICとったんだっけ?」
と自分の目的を見失ってしまわないように
していただきたいので書きました。

みなさんがTOEICを必死に勉強しているなか
「目的と行動がずれていたせいで意味がなかった」
と後悔しないためにもTOEICをこれから勉強しようと思っている人や既に勉強を始めている人に今一度目的を見直してほしいと思います。

英語は使わないとだんだん忘れています。

TOEICを就職のためだけに勉強して
就職したらもういいやというモチベーションだと
せっかくの勉強もスキルとして残らなくなってしまいます。

そうならないためにも、
今一度TOEICを受ける本当の意味を
見出しましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
このことは大学生の皆さんに知ってほしいので
「役に立った!!」
って人はシェアしてもらえるとありがたいです。

人生を豊かにする英語を身につけよう!

私は大学生の時にオーストラリアの大学に交換留学をしました。

そこで、英語は人生を豊かにするために学ぶものなんだと気づきました。

このブログでは、Renglish教室の活動の一環として、人生を豊かにする英語をモットーに記事を書いています。※「Renglish教室とは?

人生を豊かにする英語とは受験や就職のためだけではなく、実際に留学したり、海外で働いたり、外国人の友人を作ったり、海外映画・ドラマを字幕なしで鑑賞したりetcを目標にした英語です。

これから英語を勉強したいと考えている人には是非、学問としての英語ではなく、人生を豊かにするための英語を学んでほしいと思ってます。

そういった理念から、私がどのように英語学習に取り組み、交換留学を達成したのか?について成功体験&ノウハウを「【脳科学×英語】最も手っ取り早く英語を習得する方法」という題名でPDF(全57ページ)にまとめてみました。

また、一通りノウハウを理解してもらったうえで、一人ひとりに最適な英語学習を提供できるようにLINE@で無料相談ができるようにしています。

その他に、LINE@では限定ブログが閲覧できるようになってます。

< 限定ブログにて学べる内容 >

✅少ない時間で大きな成果を出すには?

✅英語学習を成功させるために必要なマインドとは?

✅1ヵ月半でTOEFL 79⇒95点を達成した具体的な方法とは?

✅半年以内に交換留学の切符を勝ち取るには?

✅挫折しないための英語学習方法は?

✅継続するための脳科学的勉強方法
etc・・・

また、Renglish教室LINE@では人生を豊かにするための英語が身につく企画を色々行っております。

もしこの記事が役に立った!と思われたら、SNS等でシェアしていただけるとすごく喜びます。
(すぐ下のボタンからシェアできます)

また、引き続きブログやSNS(Twitter、Instagram、YouTube)でも発信していくので応援よろしくお願いします!

 

交換留学 英語
れんをフォローする
Renglish教室

コメント

  1. […] TOEICを勉強しても意味がない【知らないと怖い真実】TOEICで高得点をとれば… […]